保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

ミネラルウォーターは天然水と同じ?

スーパーやコンビニなどで水を購入するとき、「ミネラルウォーター」と「天然水」という表示の違いに悩まされたことはありませんか?
呼び方が違うだけで、全く同じものなのではないかと思っている方が多いようですが、実は違ったものなのです。
何が違うのかというと、出荷されるまでの処理方法がそれぞれで異なるのです。

「天然水」は「ナチュラルウォーター」とも言われています。
天然水、ミネラルウォーター、共に特定の場所から採った地下水が原水となっています。
その原水を濾過、沈殿、加熱殺菌処理をしたものが天然水です。
それ以上の処理はされず、原水そのものの特性を生かしたものに仕上がっています。
そのため、原水に含まれた自然のミネラルが含まれているということになります。

一方、「ミネラルウォーター」は、天然水と同様の処理方法に加えて、科学的方法で脱臭・殺菌を行います。
オゾン殺菌、紫外線殺菌など様々な方法で不純物を除去するため、天然水に比べて安全性が高くなっています。
しかし、これらの処理を行うことで、元々含まれていた天然のミネラル分も一緒に壊れてしまうため、その後人工的にミネラル分を加えることになります。

つまり天然水は、自然のままの状態を生かした水。
ミネラルウォーターは、安全性の高い人工的な水ということになります。

そのため、味わいにも違いがあり、天然水は、採水した土地のミネラル分がたっぷり含まれているために、採水地によって味の違いを感じることができます。
ミネラルウォーターは、当たり障りの無い、基本的には誰でも飲みやすいと感じることができるような味わいになっています。

よく、ウォーターサーバーなどでも、ミネラルウォーターを提供しているところと、天然水を提供しているところとがありますが、前述した違いを認識した上で選択するようにすると良いでしょう。
また、天然水を扱っているウォーターサーバー会社では、天然水の採水地を選ぶことができるところもあるようなので、選択の幅が広がって水を更に楽しむことができるかもしれませんね。

これからは、コンビニで水を購入するときにも、天然水やミネラルウォーターの特徴を踏まえた上で購入すると、水に対する考え方も変わってくることでしょう。