保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

浄水器の種類と費用

自宅の水道水を、美味しく安心して飲めるようにするために、浄水器を検討しているという方、多いのではないでしょうか。
一口に浄水器と言っても、種類があります。
設置の仕方や、設置スペース、予算などによって浄水器の種類が変わってくるので、色々と比較検討してご家庭にピッタリな浄水器を選ぶようにしましょう。

まず、一番メジャーなタイプである浄水器が「蛇口直結型」の浄水器です。
ホームセンターなどに手軽に売られているもので、その名の通り本来ある蛇口にそのまま取りつけて使用するものです。
蛇口に取り付けるだけなので気軽に取り付けることができ、またコンパクトで軽量であるという点がメリットです。
浄水器自体の価格も安価で、安いもので2,000円ほどのものもあります。

ただ、コンパクトであるがために浄水力が他のタイプの浄水器に比べて低いものが多いというのがデメリットです。
また、カートリッジを頻繁に交換しなくてはならないものが多いため、長期的な費用を考えると割高になってしまうことがあります。
なので、アパートなど賃貸で使用するのに特に適していると思われます。

次にご紹介するのが「据え置き型」の浄水器です。
これは、浄水器の機械本体をキッチンの水道近くに設置して使うものになります。
蛇口直結型と比べると、サイズが大きく、また設置スペースが必要になります。
価格はピンキリで、数万円程度で購入できるものから何十万もするものまであり、その浄水力などで価格に差があることが多いようです。

そして「ビルトイン型」というタイプは、流しの下に本体を設置する浄水器で、性能や大きさは据え置き型と変わりありません。
蛇口直結型と同様、キッチンに自体に設置スペースが必要無いため、両者のメリットを一緒にしたようなタイプの浄水器です。
しかし、専用の蛇口を付けるために設置には工事が必要なので、気軽に設置できないというところがデメリットだと言えます。

この他にも、もっと手軽なところでは「ポット型」の浄水器や、お風呂のシャワーに取り付けるタイプの浄水器、携帯用浄水器などもあります。
自身の用途や状況に合わせて、最もピッタリなタイプの浄水器を選び、安心して水を使えるようにしましょう。