保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

井戸水の水質検査とは

井戸水を飲用するためには、保健所等で定められた水質検査を受け、その項目を全てクリアする必要があります。
個人で井戸水を使用している場合は、特に法律による義務などは無いのですが、井戸水は周囲の環境や地質の影響を受けやすいため、定期的に水質検査をし、飲用するのに安全であるかということをチェックしなければなり
ません。
もし、こうした検査を怠った場合、最悪の場合は重大な健康被害を受けてしまう可能性があるため、必ず検査を受けるようにしましょう。

水質検査は無料では無く、検査項目の数や機関によって料金がまちまちになっています。
平均としては12項目の検査で5000円前後であることが多いようですが、これにプラスして更に検査項目を増やしたり、放射性セシウムの検査を行ったりすると、更に料金が上がり、5万円ほどに上がることもあるよう
です。
そのため、検査の項目を最低限に済ませたり、検査自体を行わなかったりするケースも多いようなのです。

しかし、水道水は50項目以上の厳しい水質基準をクリアした上で、私達に供給されています。
それに比べて井戸水の水質基準の検査項目は、とても少ないものです。
美味しいし、コストもかからないし、とても便利だと言われている井戸水ですが、安全面から考えると、不安要素がとても多いのです。
ですからその分、不安要素を取り除くために、個人で適切な管理をする必要があるのです。

適切な管理というのは、定期的な検査だけでなく、井戸の周りを常に清潔に保つようにしたり、みだりに人や動物が入り込まないようにしたりすること。
また、普段使っている水を日ごろからよく観察するクセをつけ、少しでもいつもの水の色や味と違っていたり、匂いがしたりするなどの異常が無いかということを気にするようにする必要があります。

水道水と違い、井戸水の管理は自己責任となるため、家族の健康を守るためにも、適切な検査や管理を徹底的に行い、誰もが安心して飲むことができる井戸水を守るように心がけましょう。