保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

水道水の保存期間

地震や台風など、多くの自然災害に悩まされる我が国では、日ごろから災害に備えた対策が必要とされています。
特に、水に関しては飲料水としての活用はもちろん、身体を清潔に保つことにも使用するため、非常に大切だと言われています。
家庭で、常に災害用に水道水をくみ置きしているというところも多いのではないでしょうか。

ところで、家庭でくめる水道水は、どのくらい保存が効くのかご存知ですか。
購入したミネラルウォーターは、賞味期限などが記載されているので安心ですが、水道水の賞味および消費期限はどのくらいなのでしょうか。

水道水の保存期間は、その保存方法によっても左右するのですが、正しい保存方法を行えば、常温で3日間、冷蔵保存であれば10日間程の保存が効くと言われています。
また、保存期間が過ぎてしまっても、一度沸騰させて殺菌してから飲めば問題は無いと言われています。
では、気になる正しい保存方法とはどんな方法なのでしょうか。

まず、水道水のくみ方からです。
清潔な、フタが出来るペットボトルやポリタンクなどに、出来る限り外気に触れないようにしていっぱいまで入れます。
いっぱいまで入れることで、空気が一緒に容器に入ることが無くなるので、必ず容器の容量いっぱいまで入れましょう。

保存する前に、浄水器を通したり、沸騰殺菌をしたりしてしまうと、水道水に含まれる塩素が減ってしまい、保存が効かなくなってしまいます。
ですから、そうした浄水を行うのは、飲む直前に行うようにしましょう。

また、実際にくみ置きした水道水を飲むときには、容器に直接口をつけたりせず、コップなどに入れてから飲むようにしましょう。
口から雑菌が混入してしまう可能性があるからです。

このように、正しい方法で保存、飲料すれば、思った以上に長い期間水道水を保存することができるのです。
ですから、空のペットボトルを何本か用意しておき、日ごろから水道水をくみ置きしておくと、いざというときに安心ですね。

また、飲料用だけでなく、トイレや身体を拭いたりするためにも水は必要ですから、お風呂の後のお湯をすぐに抜かずに、ためておくようにすると更に安心です。
ただし、小さなお子さんがいる家庭では、知らない間に誤ってお子さんがお風呂の中に転落して溺れる可能性もあるので、あえてためないようにするか、フタをしておくかをするといいですね。