保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

市販のコスト

最近では水道水の水をそのまま飲料することが少なくなり、飲料用としての水は、ミネラルウォーターを購入したり、ウォーターサーバーを導入したりすることが増えてきました。
市販のミネラルウォーターを購入する方法と、ウォーターサーバーを導入する方法とでは、どちらの方がお得なのか気になりませんか?

便利さの面で考えると、ウォーターサーバーの方が断然便利だと言えます。
市販のミネラルウォーターは、店舗にいちいち購入しに行く必要があります。
2リットルの水は2キロの重さがあり、それに容器やケースの重さを加え、何本ものボトルを購入するとなるとかなりの重量になります。
それを店舗から自宅まで運ぶのは、相当の重労働になりますよね。

一方、ウォーターサーバーならば電話一本で自宅までウォーターボトルを配達してくれるため、そんな重労働をする心配はありません。
安いときにまとめ買いをしなくては・・・と気にする必要もなければ、大量に購入したボトルを保管しておく必要も無いのです。
空になったボトルも引き取ってもらえるため、ゴミも出ることが無く、環境に優しいとも言えます。

このように利便性は完全にウォーターサーバーの勝利であるわけですが、ウォーターサーバーは管理費や維持費がかかります。
更にお湯も出るようになっているため、水を温めたり、逆に冷やしたりする分の電気代もかかります。
これら維持管理費と、水自体の価格をトータルすると、どちらが金額的にはお得なのでしょうか。

水の価格は、会社によっても異なりますが、1リットルあたり100円から150円ほどの価格になっています。
そして、サーバーのレンタル料ですが、これも会社によって異なり、平均では月々1000円ほどになりますが、最近では無料であるところも増えています。
メンテナンスも必要になりますが、これも会社によって無料・有料のところに分かれています。
有料の場合、メンテナンスの内容にもよりますが、5000円前後が平均で、内容としてはサーバーのクリーニングや、場合によっては交換などの費用が含まれている場合もあります。

気になる維持管理費ですが、ずっと電源が入った状態で使用するわけですから、結構な金額がかかるかと思われがちなのですが、実は電気ポットをずっとつなぎっぱなしにしているよりもずっと低価格で済むのです。
また、冷蔵庫から冷えたお茶や水を取り出すために普段から冷蔵庫の開け閉めが多かった人は、それが無くなることで、更に電気代が節約できる可能性もあります。

これらのことを考えると、コストの面ではミネラルウォーターを安いときに購入して使う方が、安く済む場合もあります。
しかし、サーバーレンタル料などが無料であるところを選んだり、水の価格が安いところを選んだりすることによって、大差無く利用することができます。
それに購入するということの手間や労働をコスト化すると、ウォーターサーバーの方が低コストだと言えるのではないかと思います。

ウォーターサーバーを選択するときは、水やサーバーの価格だけでなく、メンテナンス料や維持費などもトータルで考えて選択するようにしましょう。