保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

水道水は煮沸すると腐りやすい?

水道水を安心して飲むために、一度煮沸しているという人は多いようです。
確かに、一度沸騰させることで雑菌などが死滅し、安心して飲むことができるように思います。
しかし、実は沸騰させることで水道水に含まれている塩素が飛んでしまうため、塩素によってガードされていた雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。
そのため、水道水を煮沸すると腐りやすいと言われているのです。

特に災害用などに、水道水をくみ置きしているという人は多いかと思いますが、くみ置き用の水道水を、煮沸してから保存してしまうと早く劣化してしまいますから、絶対にやめましょう。
また、煮沸と同じく、浄水器を通すという方法も同様に塩素を取り除いてしまうため、腐りやすくなる原因になります。
水道水をくみ置きしたり保存したりする場合には、そのままの状態で保存し、飲料する直前に煮沸したり浄水器を使用するようにする方が衛生面で安心といえるでしょう。

ただ、煮沸することにより、増してしまうデメリットも存在します。
水道水にはトリハロメタンという発がん性物質が含まれています。
技術力が進み、こうした物質が増殖しないように研究は進められているのですが、100%安心だとはまだまだ言いきれません。
で、このトリハロメタンは、沸騰するとその量を2~3倍に増やしてしまうという性質を持っているのです。

沸騰直後の状態が、最もトリハロメタンが多量に含まれている状態で、沸騰した水道水をすぐに摂取するというのは良くないと言われています。
15~30分ほど沸騰を続ければ、トリハロメタンも気化して減少していくのだそうですが、現実問題でお茶やコーヒーを飲むために30分近くも水を沸騰させていてはガス代が高額になってしまいますし、トリハロメタン
どころか水そのものが気化して無くなってしまいますよね。

煮沸するということには、こうしたデメリットも存在するので、例えば赤ちゃんのミルクを調合するときなどには、煮沸した水道水よりミネラルウォーターや浄水器を通した水を使用するほうがずっと安心だといえます。