保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

災害時に必要な水のストックとは

地震や台風などの自然災害に見舞われたとき、まず大切なのは災害から身を守り、命を守るということです。
そして、その後に大切なのは、命をつなぎ生き延びることです。

大規模な自然災害の場合、多くはライフラインが使えなくなってしまいます。
命をつなぐときに最も必要となるのは「水」です。
飲料として使うことはもちろん、衛生面のことを考えても水というのは生きていくために最も必要なものなのです。

食料が無くとも、水さえあればなんとか1週間は生き延びることができるでしょう。
ですから、災害時にはまず安心して飲料できる水を確保することが最も大切なのです。

ライフラインが復活し、給水車などが住まいに到着するのには、3日間は猶予を考えなくてはなりません。
つまり、災害時に必要な水は3日分は必要であるということです。

1人あたり、最低限必要な飲料水は1日2リットルと言われています。
2リットルの水を3日間ということで、1人暮らしで6リットルの水が必要です。
よく販売されている2リットルの大きなサイズのペットボトル3本分ということになります。

そして、4人家族であれば1日8リットル、3日間で24リットルの量が必要なのです。
災害時に、24リットルの水を持ち出すなんてことは果たして可能だと思いますか?
災害でパニックになっている時に、この量の水を持ち出せるという人はなかなかいないのではないかと思います。

ですから、とりあえずは非常用持ち出し袋に1日分の水を用意できれば良いと思います。
後から自宅に備蓄してある残りの水を取りに戻れば良いのですから。
まずは非常用持ち出し袋と一緒に避難することを優先しましょう。

また、更なる安心のために、非常用持ち出し袋の中に携帯用浄水器を入れておくと、避難先の雨水貯蔵タンクや学校のプールの水などを利用することができるので、非常に役立つのではないかと思われます。

災害時は命を守ることが優先になるので、なかなか水のことまですぐに気が付けないと思います。
ですから、普段から災害時にはどのように飲料水を確保するべきかという点について考えておいたり、準備をしておいたりすると良いでしょう。