保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

ウォーターサーバーのデメリット

便利で安心だということで、家庭でウォーターサーバーを導入しているというところが増えています。
特に赤ちゃんや子どもがいるような家庭で多いようで、安全な水を子ども達に飲ませてあげたいというご両親の思いが強いことがわかります。
そんなウォーターサーバーですが、導入することで発生するデメリットもあります。

まず、設置スペースが必要になるという点です。
サーバーの大きさだけでなく、予備のウォーターボトルを置いたり、空のボトルを置いておくスペースなども必要になるため、特にアパート暮らしの方などは、その設置場所に困るということも多いようです。

ウォーターサーバーをよく使うとされるキッチンは、多くの場合冷蔵庫などの大型家電や食器棚などによってスペースが埋まってしまっている場合が多いため、ウォーターサーバー用にスペースを確保することが難しい場合
が多いです。
卓上タイプもありますが、子どもが小さい場合、ウォーターサーバーを誤って転倒させてしまう可能性もあります。

しかし、会社や機種によっては、そういった設置スペースの問題を解決するために、スリムなタイプのウォーターサーバーが開発されているところもあります。
電話帳くらいのスペースがあれば、設置することができるというウォーターサーバーもあるようなので、設置スペースに関して不安がある人は、そういったタイプのものを探してみると良いのではないかと思います。

また、手軽に使うことができるというメリットの裏には、その分無駄に使いすぎてしまう傾向があるというデメリットもあります。
ウォーターサーバーを設置してからは、料理にもウォーターサーバーの水を使うようになったという人が多いようです。

元々、料理にも多用するつもりで導入したという方なら問題ないのですが、飲料用だけのために導入したつもりだったのに、今まで以上にミネラルウォーターを消費するようになったという人もいます。
ウォーターサーバーのボトルも1本につきいくらかの価格がかかっているわけですから、節約するために購入したつもりのウォーターサーバー導入によって、ボトル代金が高くつくようになってしまったということでは意味
が無いですよね。

こういったデメリットも理解し、意識した上でウォーターサーバーの導入を検討し、使用するようにしましょう。