保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

ミネラルウォーターは料理に使える?

飲料水として、ミネラルウォーターを使用している人は多いのではないかと思います。
近頃の水道水は、どうしても塩素による匂いが気になり、美味しく飲むことができないとして、ウォーターサーバーを導入したり、飲料用にミネラルウォーターを購入したりすることが増えてきました。

一方、ミネラルウォーターを料理に使用しているという人はそれほど多くはないのではないでしょうか。
やはり水道水と違い、価格面での心配があるため、思い切り使うことができないというのが理由だと思います。

しかし、人間が摂取する水分のうち、大半は食材からの摂取です。
そのまま摂取する水分はミネラルウォーターなのに、料理を通じて摂取する水分は水道水というままでは、ミネラルウォーターの本来の意図である、ミネラルの摂取において疑問が残ります。

それに、ミネラルウォーターを料理に使うことで、料理の味を格段に変えることが可能なのです。
美味しくなる上に、身体にも良いとなるのであれば、使わない理由はありません。
気を付けなくてはならないのが、ミネラルウォーターには軟水と硬水という種類があり、それによって使用に適した料理が違うということです。
これを理解し、上手く使い分けることで、より一層料理の味を引き立たせることができます。

例えば、ごはんを炊くときには硬度が低い軟水を使うのが適しているといいます。
硬水を使用すると、パサパサの炊きあがりになってしまうのです。
お米を炊く上で美味しい水を使うということは、美味しいご飯を炊くということにつながるため、他の料理は水道水でよくても、お米だけはぜひミネラルウォーターなどの美味しい水を使っていただきたいです。

実は水道水を使うことで、水道水に含まれる塩素が原因となり、お米のビタミンなどの栄養素が一部破壊されてしまうことがあるのだそうです。
お米の栄養素を無駄なく摂取するには、水道水よりもミネラルウォーターを使うのが良いのです。

また、シチューなどの洋風の料理を作るときには硬水が相性が良いと言われています。
基本的に、日本の水は軟水であるために和食は軟水。
ヨーロッパなど海外の水は硬水であるために洋食は硬水が良いようです。
しかし料理によって違うところもあるので、事前に確認しておくと安心ですね。