保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

ピュアウォーター?

最近、家庭でも多く普及しているウォーターサーバーですが、会社ごとに扱われている水の種類が違い、どれを選択すればいいのか迷ってしまうことはありませんか?
ウォーターサーバーで使われている水の種類は、大きく分けて3種類あります。
「ミネラルウォーター」、「天然水」、「ピュアウォーター」の3種類です。

天然水は、何となくわかるけれど、ミネラルウォーターとピュアウォーターって同じなのでは?と思う方も多いのではないかと思います。
ミネラルウォーターと天然水はよく聞くけれど、ピュアウォーターって少し聞き慣れないですよね。

ピュアウォーターというのは、ミネラルを含む不純物などが何も含んでいない、完全な純水のことを指します。
なので、ミネラルを含んでいるミネラルウォーターや、天然の不純物を含む天然水とは全く違うものなのです。

ピュアウォーターは、浄化フィルターや濾過装置で人工的に加工して作られます。
ROシステムと呼ばれる、ほぼ100%に近い形で不純物を取り除くことができる浄化装置を使用することから、「RO水」という呼び方をすることもあります。
ピュアウォーターの原水は天然水であったり、水道水であったり様々ですが、ウォーターサーバーで使われるピュアウォーターは、天然水を使っているところが多いようです。

ミネラルを含んでいない水とは、どんな意味があるのかと疑問に思う方もいると思います。
ミネラルは、時として内蔵が未発達である赤ちゃんや、身体が弱っている人が飲用することで、身体に負担をかけてしまうことがあります。
また、アトピー性皮膚炎など強いアレルギー体質の人も、ミネラルを摂取することで悪影響を及ぼすことがあるため、そういった場合でもピュアウォーターであれば安心して飲むことができるのです。

赤ちゃんのミルクを調乳するときに使用したり、赤ちゃんや子どもに飲ませたりすることにも適しているということで、赤ちゃんが生まれたことがきっかけで、家庭に導入したという家庭が多いようです。