保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

水道水は煮沸すると美味しくなる?

子どもの頃は、何も気にせずに水道水をゴクゴク飲んでいたのに、最近は水道水が不味くなった気がすると思いませんか?
実はこれ、気のせいではないのです。
日本の水道水は、厳しい水質基準をクリアしたものだけが私達の家庭の蛇口から供給されるようになっています。
この厳しい水質基準をクリアするために、雑菌などを除去するため、塩素を使用しています。

原水がキレイな状態であるならば、塩素を多く使用する必要は無いのですが、逆に原水が汚れている場合は多量の塩素を使って殺菌消毒をする必要があるのです。
この塩素というのが、水道水を不味くしている原因なのです。
昔はもっと水道水を気にせずに飲めたのに、今は不味くて飲むことができないというのは、それだけ環境が破壊され、水が汚れてきているという証拠なのです。

この水道水、どうしたら美味しく飲むことができるかというと、この水道水に含まれる塩素を取り除くことで美味しく飲めるようになるのです。
その方法として、水道水を煮沸するという方法があります。
煮沸することで、水道水に含まれる塩素が気化して抜けていくため、塩素の匂いや味を感じなくなるのです。

しかし、煮沸するということにはデメリットもあり、煮沸することで水道水に含まれる、発がん性物質であるトリハロメタンという物質が倍増してしまうのです。
せっかく美味しく飲めても、それでは意味がありませんよね。

最もオススメな方法は、浄水器を使うという方法です。
それならば、トリハロメタンを増殖させることもなく、塩素を抜くことができるので、安心して飲むことができます。
赤ちゃんや子どもに飲ませる水は、ぜひ浄水器を通した水かミネラルウォーターにしてあげたいですよね。

その他にも、水を美味しく飲むことができる方法があります。
昔から用いられている手軽な方法としては、水に炭を入れて一晩置いておくという方法があります。
炭は塩素を除去してくれる力があり、更に炭に含まれているミネラル分を水に溶け込ませてくれる効果があるのです。
まさに自宅で手軽に作れるミネラルウォーターですね。
炭は2~3か月ほど、繰り返して使用することができるので、経済的にも安心です。

自分に合った方法で、手軽に美味しく水道水を飲めるようになるといいですね。