保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

軟水と硬水の違い

ミネラルウォーターを購入するとき、そのラベルに「軟水」や「硬水」という記載がされているのを見たことはありませんか?
この軟水、硬水というのは、ミネラルウォーターに含まれているカルシウムとマグネシウムの配合量によって、表記が変わってくるのです。

日本で販売されている多くのミネラルウォーターは軟水です。
それは、日本の水が軟水であるため、軟水の方が日本人にとって飲みやく、好まれる傾向にあるためです。
逆にヨーロッパなどの水は硬水であるため、そちらでは硬水の方が好まれる傾向にあると言われています。
軟水と硬水、それぞれ特徴があり、用途を使い分けることで上手に水と付き合うことができます。

まず軟水は、私達日本人にとって非常に口当たりが良く、飲みやすい水です。
身体に負担がかからないため、赤ちゃんやお年寄り、病弱な人などでも安心して飲むことができます。
赤ちゃんのミルク作りの他、コーヒーなどの飲料にも適しており、料理でも和食に使ったりお米を炊いたりするのに適しています。

一方で硬水は、軟水に比べると口当たりが良くなく、飲み慣れていない人には飲みづらいと感じることが多いです。
軟水に比べてミネラル分が豊富に含まれているため、スポーツ後の飲料やダイエットなどのために、日本でも飲んでいる人が多いようです。

しかし、硬水は特に飲み慣れてない場合は身体に負担をかけやすいために、赤ちゃんやお年寄り、病気中の人などが飲むことは避けたほうが良いとされています。
洋食料理との相性が良く、シチューやカレーなど煮込み料理に使うと良いと言われています。

このように、それぞれ特徴がある軟水と硬水ですが、日本では基本的には軟水を中心とした生活や社会となっているため、常備するとするなら軟水にしたほうが良いかと思います。
硬水は、スポーツのときやダイエットのときなど、必要だと思ったときに、その都度用意するようにすれば良いかと思います。
上手に軟水と硬水を使い分け、水とお付き合いをしていけると良いですね。