保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

ミルクに使えるミネラルウォーター

赤ちゃんが生まれたことをきっかけに、家庭にウォーターサーバーを導入したり、赤ちゃんに与えるミルクや飲み物には、安全なミネラルウォーターを使っているという人が多いようです。
しかし、ミネラルウォーターの中には、赤ちゃんに使用するのに適していないもの存在するので選択するときには注意が必要になります。

特に外国産のミネラルウォーターは、硬水であることが多いのですが、この硬水はミネラル分を多く含んでおり、スポーツ時やダイエット時の水分補給に適しています。
硬水を摂取することで、ミネラル分を多く摂取することができるのですが、内臓が未発達である赤ちゃんにとっては、このミネラル分の多量摂取が負担になってしまうのです。
内臓機能が整っている大人であれば、ミネラルを過剰摂取してしまっても、尿となって排泄することができるのですが、赤ちゃんにとってはこれは非常に難しいことで、身体に大きな負担になってしまい、下痢をしてしまう
ことがあるようです。

では、どのような水なら安心なのかというと、日本の水のように、硬度が低い軟水であれば、口当たりもまろやかで、内臓に負担も少ないので安心です。
軟水とは、硬度が60のものを指しており、ミネラルウォーターを購入するとラベルなどに表記されていますから、確認してみるといいでしょう。
ちなみに日本の水道水は硬度が20~40程の軟水になっていますから、水道水も赤ちゃんに適した水であるといえます。

これらよりももっと安心なのが純水と呼ばれるもので、ピュアウォーターという呼び方をすることもあります。
これは、ミネラルを含む不純物が全く含まれていない水なので、赤ちゃんを始め、身体の機能が弱っている人や、アトピーなどの強いアレルギーを抱えている人でも安心して飲むことができます。
健康のためにミネラル分を補給したいという人にとっては、ピュアウォーターはミネラルを全く含まないためにオススメできませんが、誰でも安心して飲めるような水をということであるならばピュアウォーターがオススメ
です。

ピュアウォーターは、赤ちゃん用品店などでも販売していますし、近頃ではウォーターサーバーでもピュアウォーターを扱っているところが増えています。
もしも赤ちゃんのためにウォーターサーバーを検討しているということなのであれば、ミネラルウォーターや天然水より、ピュアウォーターを選択したほうが、赤ちゃんにとってより安心であるといえます。