保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

ミネラルウォーターのデメリット

今や、多くの人が愛飲しているミネラルウォーター。
手軽にコンビニやスーパー、自販機などで入手することができ、老若男女誰でも安心して飲むことができるミネラルウォーターは、生活には欠かせないものとなってきました。
特に最近では、水道水のカルキ臭が気になり、水道水を飲むことができないという人が増えています。
そういった方々にとっては、ミネラルウォーターは必需品であると言えます。

そんな安心・安全な水であるミネラルウォーターですが、このミネラルウォーターを飲み続けるにあたり、デメリットも存在します。
それは、やはりコストがかかるという点です。
自販機で販売されているミネラルウォーターを見ると、その他のジュースやお茶などと大差無い値段で売られていることがわかります。
どうしてなのかというと、ミネラルウォーターの中身より、その他の容器や配送費、管理費の方が高くついているためなのです。
ミネラルウォーターが入っていた容器自体も、使い終わったら処分していかなくてはならないため、その手間やコストもかかってしまいます。

人は、一日2リットルの水が最低限必要だと言われているのですが、その2リットルをミネラルウォーターで購入しようと思うと、150円前後の価格になります。
これを一年間続けると考えると、54,750円という金額をミネラルウォーターにかけているということになります。
飲料用だけでなく、料理などにも使おうと思ったら、これよりもっともっと高額になってしまいます。
家族が多ければ、その分また値段も跳ね上がります。
これらのことから、コストがかかるというのが、ミネラルウォーターの最大のデメリットだと思われます。

また、それ以外にもミネラルウォーターの保管場所や購入時に家まで持ち帰る辛さというデメリットもあります。
2リットルのペットボトルは、1本や2本であればそれほど場所をとることはありませんが、量が増えれば増えるほど保管スペースが必要になります。
まとめ買いをしている場合は、特に多くの保管スペースが必要です。

水が入っている容器だけでなく、空になってしまった容器も、すぐに処分することができればいいのですが、そうすることができない場合には、それまで保管しておく必要があり、これも邪魔になります。
そして、そんな大きなミネラルウォーターを購入し、持ち帰るのがまた一苦労です。
2リットルの水は2キロの重さがあり、それにプラスして容器やケースなどの重さも加わります。

1本や2本程度なら良いのですが、まとめ買いをする場合は10キロ以上の重さの水を、店舗から自宅まで運ばなくてはならないので、とても大変です。
通販やネットショッピングなどを利用すれば、自宅まで配送してもらえて便利ですが、その分配送料などがかかると、さらにコストがかかることになってしまいます。

ミネラルウォーターは美味しくて安全な水なので、活用をしたいところですが、こういったデメリットも存在するので、そのことをよく考慮して活用しなくてはなりません。