保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

水道水のメリット・デメリット

私達が触れる水の中で、最も身近な水といえば、蛇口をひねればいつでも出てくる水道水ではないでしょうか。
今は、ウォーターサーバーや浄水器など、水に関する様々な商品が出回っているわけですが、そんな中で水道水を使うメリットやデメリットとは一体何なのでしょうか。

まず、メリットは、何といっても手軽に使えるということです。
水道代金さえきちんと支払っていれば、蛇口をひねるだけでどれだけでも水が出てきます。
ウォーターサーバーやミネラルウォーターは、やはりそのボトルの容量分だけしか使用することができないため、それに比べるとはるかに気軽に手軽に水を使うことができます。

また、日本の水道水は、とても厳しい水質基準をクリアしたものです。
きちんと殺菌されており、水道水の中にも塩素が含まれているため、水道管を通って蛇口にたどり着くまでの間にも、この塩素のおかげで雑菌から守られているのです。

対してデメリットは、塩素による水道水の味の変化です。
塩素の量が多ければ多いほどいわゆるカルキ臭がして、美味しく水を飲むことができなくなってしまいます。
ウォーターサーバーや浄水器を導入する人の動機は、この水道水の塩素や匂いなどが理由だということがほとんどです。

塩素自体は、ごく少量であるため、人間の身体に入ってもほぼ無害だと言われています。
それでも赤ちゃんや、子どもに飲ませることに抵抗があるという人は多いのではないでしょうか。
また、水道水にはトリハロメタンという発がん性物質が含まれており、煮沸することでその量は最大で3倍にも増えてしまうと言われています。
そのことから、煮沸した水道水を赤ちゃんや子どもに与えることは危険だと言われています。

しかし、煮沸したものでなければ、水道水自体は安全なものです。
食材を水道水に浸すことで、食中毒予防になるとも言われており、非常に安全性の高いものであるということがわかります。
その分、水の味に関してはミネラルウォーターに比べると劣ってしまいます。

水道水のメリット、デメリットを理解し、上手く用途を使い分けられるようになるといいですね。