保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

ミネラルウォーターは腐りやすい?

ミネラルウォーターを購入し、その賞味期限を見てみると、比較的長期であることがわかります。
しかし、ミネラルウォーターと水道水とを比べると、開封後はミネラルウォーターの方が腐りやすいと言われています。
なぜなのでしょうか。

ミネラルウォーターは、製造されるときに雑菌などを取り除いた上で密閉されています。
開封して外気に触れなければ、雑菌が混入することはありえないため、そのままの状態であれば長期間の保存が可能になります。
しかし、一度開封して外気に触れてしまうと、少なからず雑菌が混入してしまいます。
そのため、雑菌が繁殖し、腐りやすくなってしまうのです。

一方水道水は、煮沸したり浄水器に通したりしない限り、塩素というものが含まれています。
塩素は水を雑菌から守る役割があるため、開封後のペットボトルに比べると水道水のほうが長期保存が可能なのだと言われています。
ですから、ウォーターサーバーなどの場合、開封後はなるべく早く使いきらなくてはなりません。

どのくらいの期間で使いきらなくてはならないかということは、それぞれのウォーターサーバーの会社によって若干差があるかもしれませんが、だいたい2週間前後であることが多いようです。
ウォーターサーバーのボトルは1本12リットルほど入っています。
その12リットルを2週間で飲みきれるのであれば良いのですが、1人暮らしの場合や、飲む家族が少ないような場合は、使いきることがなかなか難しいかもしれませんね。
その場合は、ウォーターサーバーを設置するよりは、ミネラルウォーターを使いきれる分だけその都度購入するほうが、新鮮で安全な水を飲めるということになるかもしれませんね。

また、災害時の備蓄の水に関しては、基本的には万が一の災害時までは未開封のままであると思いますが、ミネラルウォーターの場合、開封後早めに使いきらなくてはならないことを考えると、大容量のボトルより、500
ミリリットルなど小さめのボトルを何本か用意しておいたほうが、安全面としては安心できるのではないかと思います。