保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

危険なミネラルウォーターがある?

塩素などの有害物質が含まれていない、ミネラルウォーターはとても美味しくて安全な飲み物であると考えている人は、多くいるのではないでしょうか。
しかし絶対に安全かと言われると、そうではありません。
場合によっては、水道水よりもずっと危険なミネラルウォーターが存在するのです。

日本の水道水は、厳しい水質基準をクリアした上で、水道管を通って私達の元に供給されています。
水道水の水質基準は50項目以上あります。
その水質基準をクリアするために、塩素が使われたりしているわけですが、その濃度は人の身体に影響を与えない範囲の量で、基本的には食中毒になったりする危険性は無いと言われています。

一方、ミネラルウォーターの水質基準は18項目なのです。
水道水の半分以下の項目しか無いのです。

そのため、ミネラルウォーターの中には発がん性の高い物質が多く含まれていたり、過去には乳幼児に影響を与えてしまう硝酸性窒素が検出されたという報告や、異物混入の報告もされています。
しかも外国産のミネラルウォーターに関しては、規制ができないために、品質の確認がしっかりと行うことができないため、更に危険度が増すのです。
もちろん、全てのミネラルウォーターが危険だというわけではありませんが、消費者側としてきちんと確認をしないまま、安全だと信じ込んで摂取するのはあまりに無謀だと思います。

また、多くのミネラルウォーターの保存容器と使われているペットボトル。
このプラスティックも、実は危険だと言われているのです。
プラスティック容器から、中に入っている水にプラスティックの化学物質が溶け込んでしまう可能性があるというのです。

特に、炎天下の車内にミネラルウォーターが入ったボトルを放置してしまうと、誰もが一度は耳にしたことがある有毒物質、ダイオキシンが発生することがあるのです。
ダイオキシンを直接身体に摂取するなんて、考えただけで恐ろしいことですよね。

神経質になり過ぎる必要は無いと思いますが、ミネラルウォーターというだけで、絶対に安心だという固定観念は捨てた方がいいのではないでしょうか。