保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

海洋深層水とは

海洋深層水という言葉を聞いたことはありますか?
飲料として売られているものを見たことはあるけれど、実際はどのようなものなのか、きちんと説明をできる人は少ないのではないでしょうか。

海洋深層水とは、その名の通り、太陽の光が届かないような深いところにある海水のことを指します。
水深200メートルより深いところにある海水のことを、通常、海洋深層水と呼びます。

海洋深層水が他の海水と異なる点は、水温が低く、その温度は安定しており、ほぼ変化することがないという点。
浅いところの海水に比べて、窒素、リン、ケイ酸など、無機栄養塩を多く含んでいる他、ミネラルもバランス良く含んでいるという点。
高い水圧で長期間を得て熟成されているという点。
そして、陸や外気などの環境汚染、大腸菌や細菌などに汚染されていないということから、清浄であるという点です。

これらの特性から、海洋深層水は、様々な健康効果や美容効果が期待できるとして注目されています。
そのため、飲料だけでなく、化粧品や入浴剤など幅広い分野で使用されているのです。
海洋深層水を摂取することで、豊富種類のミネラル分を身体に取り入れることができるため、血行改善や血液がサラサラになるという効果が得られると言われています。
そのため、高血圧の予防や改善、動脈硬化の予防などにも良いとされています。

また、海洋深層水は、分子量がとても細かいために、肌への浸透率がとても高いという性質を持っています。
海洋深層水に含まれるミネラル分の中には、新陳代謝をアップさせたり、保湿作用があるものも含まれているため、これらの性質を利用した化粧水などの化粧品にも活用されています。
まさに、飲んでも良し、肌につけても良しということで、万能な水であると言えますね。

海洋深層水は、地球上の海水の90%以上を占めていると言われています。
しかし、採水する場所によっては、地層や周囲の環境でミネラルバランス等が異なってくると言われています。
日本でも数か所、海洋深層水の採水地があるので、色々な場所の深層水の水を比べてみると面白いかもしれませんね。