保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

浄水器を使うと美味しくなる?

近代の水道水は塩素が多く使われているため、匂いがあり、美味しく飲むことができなくなっています。
塩素は、水道水を安心して使用することができるように、雑菌などを除去するために使われています。
安全・安心を重視するあまりに、匂いや美味しさが損なわれてしまっているということです。

水道水を美味しく飲むためには、この塩素を取り除くことが必要になります。
塩素は煮沸することで除去することができるのですが、煮沸することで発がん性物質であるトリハロメタンという物質が増殖してしまうというデメリットがあります。
せっかく美味しく飲むことができても、これでは安心して飲むということができませんよね。

そんなときに役立つのが浄水器の存在です。
浄水器は、フィルターに使われている活性炭の力で、塩素を取り除くことができます。
塩素だけでなく、水槽タンクなどに貯水されている水についてしまった匂いや、季節などによって一時的に見られるカビっぽい匂いなども、浄水器によって除去することができるのです。
浄水器を設置することで、常に安心して水道水を使うことができるようになるのです。

気をつけなくてはならないのは、浄水器を通すことで塩素が抜けてしまうわけですが、塩素が抜けた水道水は雑菌などが増殖しやすい状態になってしまいます。
ですから、浄水器を通した水は、早いうちに使用してしまわなくてはなりません。
もしも災害用などのために、水道水をくみ置きしておくのであれば、浄水器を通さずにそのまま保存しておくようにしましょう。
飲む直前に浄水器を通せば安心です。

ところで、「美味しい水」ってどんなものだと思いますか?
純粋な水というのは、本来無味無臭であるものです。
それが美味しく感じるというのはどういうことなのでしょうか。

普段から塩素が入っている水道水を飲んでいた人が、浄水器を使って不純物を取り除いた水を飲むと、美味しいと感じることが多いようです。
しかし、ミネラルウォーターや美しい自然の中で作られた湧水と比べると、浄水器の水は人工的な感じがして、不味くはないけれど美味しいとは言えないと感じるようです。
こればかりは自分の好みになるのではないかと思いますので、自分が美味しいと感じる安全な水を選択すると良いのではないかと思います。