保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

井戸水は美味しい?

環境汚染や、社会の発展が進んでいる現代では、安心して飲むことができる井戸水や湧水がずいぶんと減っているようです。
しかし、飲用ができる井戸水はとても美味しいということで、愛飲している人も多くいます。

時々、飲食店などでも「美味しい水を使っている」ということを売りにしている店舗があります。
こうした店舗は、新鮮でキレイな湧水の出る井戸を持っているところが多く、店舗内のお冷やお料理にもこの井戸水を使用しているのです。

天然の井戸水には、やはり水道水や、人工的に作られたミネラルウォーターにはマネできない自然の恩恵が詰まっており、ミネラル分が絶妙な割合で配合されていたり、口当たりが良く飲みやすく感じたりするのです。
飲んでももちろん美味しいのですが、こうしたキレイな井戸水は肌にも良いとされていて、お風呂の水に使ったり、女性の方であれば化粧水に使用したりすることもあるのだとか。

また、美味しい井戸水を使用しているケースとして最も良く知られているものが、日本酒ですね。
日本酒作りには水がとても大切なので、こうした美味しい井戸水を使用して作られていることがほとんどです。

美味しい井戸水ですから、井戸水を求めてわざわざ遠くから水を汲みに来る人もいますし、もっと大きな話になると、自宅の近くで井戸を掘る人もいるくらいなのです。
そこまでして入手したいと思うのですから、井戸水の美味しさや良さがどれほどのものなのかということも良く伝わりますよね。

しかし、しっかりと管理されているような井戸水なら良いのですが、水質検査や点検がしっかりとされていないような井戸水や、山道などで見つける本当の天然の湧水などの場合は、飲用するのに注意する必要があります。
一見キレイに見える水でも、目に見えない細菌がいっぱい入っていたりして、重大な健康被害をこうむることになりかねません。

特に幼い子どもや身体が弱い年配の方などに、こうした天然の井戸水や湧水を飲ませるのは、とても危険な場合があります。
ですから、地元に帰省して、昔は自分も安心して飲んでいたからといって、自分の子どもに井戸水や湧水を飲ませるようなことはしないようにしましょう。