保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

井戸水は飲める?

現代では、地方などを中心とした場所で、井戸水を使用しているという地域も多く存在します。
そういった場所では、「うちでは昔から井戸水を飲んでいるから安心だ」というお話もあるようですが、井戸水は周辺の環境による汚染の影響を受けやすいというデメリットがあります。

そのため、井戸水の水質は、季節や周辺工事の影響、環境汚染などの影響で、不安定になりやすいのです。
ですから、昔は良かったかもしれませんが、環境汚染が進んだり、周囲の環境が変化しつつある現在では、安心して飲用できないというのが本当のところです。

井戸水は生活用水に使用し、飲用や料理などには水道水を使うことが推奨されています。
もしも、井戸水を飲用に使用するという場合には、自身で適正な管理をすることが必要になります。
そうしなければ、最悪の場合、大きな健康被害を受けてしまうことがあるので、気をつけなくてはなりません。

適正な管理というのは、井戸の周辺を常にキレイに保つということや、定期的に水や施設の点検を行うということ、水質検査を行うこと、そして煮沸消毒や塩素滅菌をするということなどです。
これらのことを完璧にこなした上で、ようやく安心して飲用できると言えます。

しかし、水質検査を行った結果、人的な影響を受けていて飲用できないという判断を下される井戸水はとても多く、安心して飲める井戸水はどんどんと減ってきています。
それでも井戸水はやはり美味しいと言われていて、ファンが多いのも事実なのです。
特に都会の水道水を飲み慣れているような方が、地方の井戸水を飲むと、その自然の恵みに感激する人が多いのだとか。
やはり自然の恩恵を受けたものは、食物でも水でも、人工的な手を加えたものに比べると大きな差が出るものだということですね。

せめて、今安心して飲むことができる井戸水だけでも、私達の子どもや子孫達のために、今後も水質を悪化させることなく長期にわたって大切に守っていきたいものですね。