保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

ミネラルウォーターで下痢になる?

ミネラルウォーターは身体に良く、安心して飲むことができる水だという認識が強いです。
しかし、人によっては身体に合わず、場合によっては下痢をしてしまうことがあるようです。

まず、ミネラルウォーターには、その名の通りミネラル分が含んでいます。
そのミネラル分の中でもマグネシウムという成分が多く含まれている水は、一般的に「硬水」と呼ばれているのですが、その硬水を飲むと体内が刺激されて下痢をする人が多いようです。
マグネシウムというのは、下剤などにも使われている成分なのです。

日本の水は軟水と呼ばれるもので、市販されているミネラルウォーターの多くも軟水であることが多いです。
しかし最近では外国産のミネラルウォーターも多く輸入され、スーパーやコンビニなどで気軽に購入できるようになりました。

外国、特にヨーロッパ地方では、その土地の水が硬水であることが多いため、市販されているミネラルウォーターも硬水が多いです。
そのため、外国産のミネラルウォーターは、ラベルの表記を良く確認し、軟水であるのか硬水であるのかをチェックしてから購入することが大切です。

日本人は、軟水の生活に慣れているため、身体が硬水に慣れていません。
ですから、硬水を飲み始めるときには、硬度が割と低めである水(100あたり)から飲み始め、少しずつ身体を慣らしていったほうが安心ですね。

海外旅行へ行ったとき、現地の水は飲んではいけないと聞いたことはありませんか?
それは、その国の水が硬水であった場合、身体が慣れていなくて下痢や不調を引き起こす可能性があるからなのです。

また、赤ちゃんのミルク作りにミネラルウォーターを使うという人も多いかと思いますが、その際は必ずラベル表記を確認し、軟水であることを確認してから使用するようにしましょう。
硬水は内蔵に与える負担が大きいため、まだ内蔵が未発達である赤ちゃんや子ども、身体の弱いお年寄りには向かないのです。

身体に良いとされるミネラルウォーターも、使い方ひとつで体調を崩したり身体に負担をかけたりしてしまうので、表記には特に気を付けて使うようにしましょう