保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

浄水器を使うことのデメリット

安心して水を飲むことができるということで、愛用者が多い浄水器ですが、そんな浄水器にもデメリットが存在します。
このデメリットを理解した上で、浄水器の購入を検討するようにしてみてください。

まず、最も大きなデメリットといえるのが、浄水器にかかる価格の高さです。
浄水器自体は、手軽な蛇口直結型であれば一万円もかからないものもあるのですが、フィルターに何千円というお金がかかり、場合によっては数カ月に1度は交換しなくてはならないため、トータルで考えると割高になって
しまうということもあります。

また、浄水器を高機能にすればするほど本体価格も上がってきます。
数万円のものから、何十万もするものもあるのです。
そういったものは、当然フィルターの価格も数万かかってしまうものもあります。

定期的なメンテナンスや、修理なども必要になってくるため、ウォーターサーバーを入手したほうが安価だったという場合もあります。
ですから、浄水した水をどれだけ使うのかということを考慮した上で、浄水器の購入を検討した方が良いでしょう。

ただ単に飲み水として使うだけならば、ウォーターサーバーや購入したミネラルウォーターで充分です。
しかし、お料理に使ったり、お風呂などでも浄水した水を使いたいという場合は、浄水器を導入したほうが割安になります。

もうひとつのデメリットは、機種によっては違うかと思いますが、水量が少なくなってしまう浄水器があるということです。
特に蛇口直結型は、浄水した水がチョロチョロとしか出てこず、イラっとしてしまうこともあるかもしれません。
浄水器の本体が大きければ、浄水力も高いため、こうしたデメリットも解消できるのですが、それでも水の流れが悪いというのはどうしても感じてしまうことが多いようです。
浄水器は非常に安心で便利な品なのですが、こういったデメリットも存在します。

もちろん、対するウォーターサーバーにもメリット・デメリットがあるわけなので、そちらと比較して、どちらが自分にとって有益に使えるかということを吟味して導入するようにしましょう。