保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

赤ちゃんのミルクは水道水?

赤ちゃんに与えるものというのは、何にしても気を遣うものです。
特に直接赤ちゃんの身体に摂取する水やミルクなどに関しては、少しでも安全で安心できるものをと思っている人も多いのではないでしょうか。
赤ちゃんが生まれたことをきっかけに、家庭にウォーターサーバーを導入したという家庭も多いようです。
確かに塩素などが混入している水道水を使うよりは、ウォーターサーバーの水のほうが安心して赤ちゃんに与えることができるように思います。

しかしちょっと待ってください。
ウォーターサーバーの水でも、純水と呼ばれる不純物が全く含まれていない、ピュアウォーターであるなら、赤ちゃんに与えても問題ありませんが、ミネラルウォーターは赤ちゃんには適さないと言われています。
ミネラルというのは、大人など内臓機能が整った人が摂取すると、きちんと排泄することができるのですが、まだ内臓が未発達な赤ちゃんにとってはミネラルを摂取するのは非常に負担がかかることなのです。

特に、硬水と呼ばれるカルシウムやマグネシウムなどが多く含まれている水は、赤ちゃんが下痢を起こしたりする可能性が高いため、与えるのを避けなければなりません。
そうしたミネラルウォーターに比べて、水道水の硬度というのは平均で20~40程の軟水になっています。
ですから赤ちゃんに与えるミルクなどの水は、ミネラルウォ-ターより水道水を使用した方が安心だということになります。

水道水は一度沸騰させることで、粒子が細かくなるため、一層内臓にやさしい、まろやかな水になります。
また、心配である塩素も、実は混入しているのは人間の身体に全く影響が無いと言われるほどごくわずかな量であり、それも沸騰することで気化して無くなってしまうので、そちらの心配もありません。
ですから、赤ちゃんに与える水は、水道水を沸騰させてから冷ました、湯冷ましが最も適していると言われているのです。

赤ちゃんのためにウォーターサーバーの導入を検討されている方は、一度検討しているウォーターサーバーの水の種類を確認し、本当に赤ちゃんに与えても問題ないものなのかということを確認したほうが安心ですね。