保存期間災害時のストック浄水器の種類軟水と硬水井戸水

日本の水道水の安全性

海外へ行くときは、現地の水道水は絶対に飲んではならないと言われます。
しかし、日本では水道水を当たり前のように料理に活用したり、そのまま飲み水として利用したりしています。
日本人の身体に合う、合わないという問題もあるのですが、日本の水道水は非常に厳しい水質基準値をクリアした上で、私達の普段使っている蛇口から出てくるようになっているために、中毒などの危険を心配すること無く
口にすることができるのです。

実に50項目以上の検査項目や検査方法、基準値が定められていて、大腸菌が全く検出されないという条件を突破したものだけが、日本では「水道水」として認められるのです。
だからといって、100%安心で、身体に何の影響も無いのかというと、そういうわけではありません。

日本の水道水には塩素が含まれています。
その塩素によって、大腸菌などの発生を防いでいるのですが、水道水の元となっている原水が汚れていれば汚れているほど、多くの塩素を使って殺菌する必要が出てきます。
逆に、原水がキレイであれば、塩素の使用を控えた水道水を供給することができます。
日本国内で、場所によって水道水の味が違うというのは、これが理由なのです。

近年、アトピー性皮膚炎や、アレルギーを持った子どもが増えたと思いませんか?
これには色々な要因が考えられるのですが、その中の原因のひとつが、水道水に含まれる塩素が原因だとも言われています。

日本の水道水の塩素濃度は、世界的に見ても非常に高い値であります。
経済の発展に伴う環境汚染により、原水の汚染が進んでいったことが原因ではないかと思います。
そのため、原水を使用できる水道水にするために、どんどん濃度が上がっていってしまったのです。

近年では技術力が進み、塩素頼みであった体勢も変化しつつありますが、まだまだ充分とは言えない状況です。
特にアレルギーや喘息、アトピーなどを抱えている家庭では、身体に摂取する水は、ミネラルウォーターを利用したり、浄水器などを活用するようにしたほうが、安心かもしれませんね。